大人になると重要なシーンで実印を使用することになります

PICK UP

印鑑入れ

実印を無くした時にすべきこと

様々な手続きに必要な実印。何かの拍子で無くしてしまったらとても焦りますよね。心当たりのある場所を探しても見つからない場合、速やかに登録した市町村役場に紛失した旨を届け出ましょう。印鑑登録を廃止してもらい改印する手続きを行えば、前の実印は効力を失います。単に落としただけだと思っていても、いつどの…

More

実印と呼ばれるはんことは

大人になると書類の作成や取引など重要なシーンで実印を使用することになるかと思います。見栄えが悪くならないようにしっかりしたはんこを持っておきたいと考える方も多いでしょう。
しかし実印とは具体的にどのようなものを指すかと言われると、いまいち説明できないという方もいらっしゃるかもしれません。普段はあまり使用するものではないですが、人生において重要なときに必要となる存在だからこそしっかりと実印について知っておくのも良いでしょう。
実印とは少し高価で書体などにこだわったはんこ、と認識されることも少なくないですが、実は実印というのは自分が住民登録している役所に登録してあるはんこのことを指します。端的に言ってしまうと印鑑登録のことですね。そのため、100円ショップなどで購入した安価かつ量産されているようなはんこでも申請し、受理されれば実印にすることが可能という事になります。しかし大切な書類などに用いられるものですので、簡単に複製できてしまうものやゴム印などの変形しやすいものは登録できないことが多くなっています。
どんなに良い素材を用いて立派なはんこを作っても登録しておかなければ実印と呼ぶことはできません。事前に登録しておくと必要となった際に慌てることがなくなりますので、まだの場合には検討してみるのも良いかもしれませんね。

実印の使用と購入方法について

「実印」ってよく聞くけどそもそも何なのか。実印とは、自治体(役所)へ届け出ておく印鑑のことです。つまりは、「これを私の実印にします」と自分で実印となる印鑑を1つ決め、役所へ届け出るわけです。
どんなときに使うかと言うと、土地や遺産関係の手続き、保険金手続き等の公の手続きや、起業する時の手続きなど、重要な場面で必要になることが多い印鑑です。
また、名字だけでなく名前も込みで、普通の印鑑ではあまり見られない複雑な書体で作られることが多いです。全く同じものを他人に偽装されては、悪用される可能性があるため、偽装されにくい複雑な物を実印とするのが一般的です。購入方法でやはり一番多いのは「はんこの専門店」だと思います。最近は街中などに店舗も増えてきて、はんこの購入には便利になったなと感じています。お店でなら、実物を手にとって検討出来ますし、お店の方もいるので詳しい説明や知識を教えてもらえます。
ただ、値段も様々なので1回で購入品を決めきらずに、1度行って話を聞いて、帰ってよく検討してから後日改めてにすると、納得して安全に買えるかと思います。
もうひとつあるのが、はんこ屋さんのネットショップです。実物を見ることは出来ませんが、店員さんが居ない分、セールストークに悩むこともないし、家でじっくり決められるメリットがあります。
用途や状況に合わせて使い分けてみてはいかがでしょうか。

実印の管理と悪用について

私は実印をネットショッピングから購入しました。文字を選ぶことができるので、オリジナルの実印を安値で作れましたよ。姓名どちらに選ぶこともできますから嬉しく思います。近くの印鑑ショップのことですが、ほとんど選べなく数万円の値札をよく目にすることがありました。いまだ使用する機会がありません。保存する場所へは住まいに置いた安値の金庫を使用しています。このことで常に安心感がありません。紛失していませんんが、いつも不安にさらされます。保管預かりサービスなど利用できることろもあるようですが、引き継ぎに困ることがあります。
さらに価値がない相続に関しては意味を感じることがありません。例えば、奨学金が残っている社会人が紛失することにリスクがあるのでしょうか。借金相続になる方などは、どのように管理されていているのでしょうか。盗まれる被害があったさいに保険加入偽装ができたら誰かが勝手に保険を受けとれるのでしょうか。さらに死亡後に身の覚えのない借金発覚などあるのでしょうか。死亡後に残った遺族が闇金との戦いなら怖くなります。
現時点ではわかりませんが、印鑑登録に使用する実印が変更前だった契約書は無効になるのでしょうか。もしも交通事故などから死亡してしまい身に覚えがない借金契約書から数百万の請求など酷いと思います。


印鑑にはさまざまな種類があるので、用途に合った実印を買うようにすることが大切です。どの種類の印鑑を買えばよいかわからなくても、お店の方に聞けばきちんと教えてくれます。なので、実印を買うときはまず用途を明確にしてから選ぶようにしていきましょう。

RECENT ENTRY

実印を無くした時にすべきこと

印鑑入れ

大きな決断のときに関わってくる実印

通帳と印鑑

印鑑登録と印鑑証明書

済

私が実印を作ろうとしたきっかけ

印

NEW ARTICLE