大人になると重要なシーンで実印を使用することになります

印鑑登録と印鑑証明書

済

印鑑登録とは他人では使えない、自分だけの印鑑を登録することです。そしてその登録された印鑑が本物であるということを公的に証明することを印鑑証明といい、それを書面で証明する物が印鑑証明書と言います。
まず印鑑登録をするには、本人がその住んでいる市区町村に住民登録をしている必要があります。そして原則本人が役所へ赴くことになっています。もし外国人の方なら外国人登録法による登録を受けていることが必要です。そして印鑑登録をする者の年齢は15歳以上である必要があります。
役所に持っていくものは実印登録する印鑑と身分証明書、登録費用です。身分証明書の種類としては写真付きの住民基本台帳カードか運転免許証かパスポートか外国人登録証などです。健康保険証では不可ですので注意しましょう。
登録できる印鑑はまず一辺の大きさが8mmから25mmの正方形に収まるものと決まっています。意外にも形には特に制限はありません。文字は本人の住民基本台帳かあるいは外国人登録原票に登録されている氏名や名、氏と名の一部などを組み合わせたものである必要があります。
申請が完了すると印鑑登録証というカードが交付されて印鑑の登録が無事終わります。これにより、不動産や自動車を購入する際に印鑑証明書を求められても用意することができるのです。

RECENT ENTRY

実印を無くした時にすべきこと

印鑑入れ

大きな決断のときに関わってくる実印

通帳と印鑑

印鑑登録と印鑑証明書

済

私が実印を作ろうとしたきっかけ

印

NEW ARTICLE