大人になると重要なシーンで実印を使用することになります

実印を無くした時にすべきこと

印鑑入れ

様々な手続きに必要な実印。何かの拍子で無くしてしまったらとても焦りますよね。心当たりのある場所を探しても見つからない場合、速やかに登録した市町村役場に紛失した旨を届け出ましょう。
印鑑登録を廃止してもらい改印する手続きを行えば、前の実印は効力を失います。単に落としただけだと思っていても、いつどの様に他人の手に渡るか分かりません。通常実印は印鑑証明とセットで扱うものなので、必ずしも悪用されるものとは言えませんが、大きな事故を未然に防ぐために、前以て行動しておくことが大事なのです。
新しく実印登録するものは、必ず前の印鑑とは別のデザインを用意しましょう。同じものはなりすまし等の被害に遭いやすいからです。そして忘れずに行いたいのが、警察への被害届け出。盗難は勿論盗難届出証明書、紛失でも必ず紛失届提出証明書を出しましょう。もし何らかの形で実印が見つかった際、きちんと手もとに戻ってくるようにしたいですね。尚忙しくてなかなか新しい実印の登録に行けない場合、代理人でも手続きは可能です。
その際は新しい印鑑や身分証明書、申請書の他に委任状も用意して下さい。無事に実印登録が済んだら、今度は無くなさいように心懸けたいですね。

RECENT ENTRY

実印を無くした時にすべきこと

印鑑入れ

大きな決断のときに関わってくる実印

通帳と印鑑

印鑑登録と印鑑証明書

済

私が実印を作ろうとしたきっかけ

印

NEW ARTICLE